光熱費を浮かせる方法

生活して行く中でお金は欠かせないものであり、その中で光熱費はとても掛かってしまいます。そんな光熱費を浮かせる方法は、たくさんあります。まずは電気代です。電気代は待機電力が勿体無いので、使っていないコンセントを全て抜きましょう。冷蔵庫なども、エコなものに買い換えて、電気は長持ちするLEDを使うようにします。そして、お風呂はなるべく家族一緒に入りましょう。そうすることにより、追い炊きを使うことを抑えて、電気代を浮かせることが出来ます。電気は今は電力会社を選べるようになったので、見直すことも大切です。値段は大きくは変わりませんが、ポイントの付与やよく利用する会社の電力を利用することにより、お得になることがあります。次に水道代です。歯磨きを行うときに、水を流しっぱなしにすれば、その分お金が掛かってしまいますので、コップでうがいするようにしましょう。お風呂の残り湯は洗濯で利用しましょう。洗濯機にいちいち新しい水を入れていると、それだけで水を大量に使用してしまいます。お風呂の残り湯は、専用ポンプで、水の移動が出来ますので、お風呂の残り湯は洗濯で利用することがお勧めです。トイレのタンクにペットボトルに水を入れて、入れておくこともお勧めです。トイレを流す水は、余分に多く流れてしまっていることもあります。その為に、ペットボトルを入れておくことにより、水の量を必要最低限に抑えることが出来ます。このように、考えて行えば、節約することは可能です。どの節約法も、いきなり大きなお金を節約できるというものではありませんが、一年、十年と長い期間を見たときに、大きく変わります。日々の小さな努力が大きな節約を生むことになるのです。面倒と思ってしまうこともあるかもしれませんが、その一つ一つの行動が、将来大きく変わってきますので、日々の生活の中でいかに節約出来るか、考えて行動をしましょう。節約は継続することが何よりも大切なこととなっています。

2か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です