掃除を嫌でも部屋が綺麗なる方法

掃除がなかなか出来ないとういう方にお勧めな方法があります。それは定期的に人を家に呼ぶということです。家に人が来るということにより、散らかっているところや汚いところを見せたくないので、嫌でも掃除をするようになります。私もそう様が大の苦手であり、掃除が大嫌いでした。しかし、それはいけないと思い、毎月会社の同僚とたこ焼きパーティーやバーベキューなどを自分の家で行うようにしています。そうすることにより、いやでも掃除をするようになり、家を綺麗に保ち、尚且つ同僚とのコミュニケーションを深めることが出来るというメリットがあります。この方法を得てから、掃除を嫌でもやる方法を得たので、部屋が汚くなるということがなくなりました。掃除をするのが嫌な方は人を家に呼ぶということが、いやでも部屋を綺麗にしたいという気持ちが湧くのでとてもお勧めです。物を捨てるということも部屋を綺麗に保つことにとても大切なことです。部屋が汚くなるのは、物が溢れてしまっているのが原因となることが多いです。そこでいらないものを定期的に捨てる時間を設けることが大切です。例えば、第三土曜日の午前中は、いらないものを捨てる人決めて、ダンボールを二つ用意しているものといらないものを分けます。収集癖がある方はいらないと決めるのは大変なことかもしれませんが、心を鬼にして、いらないものを捨てましょう。どうしても捨てることが出来ないならば、親や友達、恋人、家族などと一緒に行うのがお勧めです。誰かと行うことにより、いらないものを上手く選択してくれるというメリットがあります。目安としては、三年利用していないものは、大抵いらないものなので、最後に使用したのがいつの日だったか、思い出さないようなものは、いらないものなので、捨ててしまいましょう。部屋を綺麗に保つということは、人によっては簡単で、人によってはとても難しいことです。きちんと頭で考えて、行動することにより、部屋を綺麗保つことは可能となりますので、きちんと考えて行動を起こしましょう。

2週間前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です